グランマの信州日記

〜ここ信州で生きて行く〜

歳を取らないと分からなかったこと / タイ料理

くまさん兄弟に応援ポチお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

日曜日、一日中雨降りかと覚悟していたら、、、

午前中雨が止み、うっすらと陽がさしてきました。

 

娘もちょうど起きてきたので、「お昼でも食べに行こうか」と

いうことでネットで探した「タイ料理」のお店に出かけました。

 

 

 

 

「ヘ〜、近所にこんなお店があったんだ! 時々車で前を通って

いたけれど全然気づかなかった」

 


知る人ぞ知るお店なのか? 3組ほどの家族連れや友人連れが既に

来店していました。

 

スタッフは4〜5人の女性、みんなタイの人達で日本語は片言。

 

わたしは頼んだのはこれです。

メニューは全部タイ語で書かれていて、写真を見て番号でオーダー

するので料理の名前はわかりません。

 

いわゆるタイ風焼きそば、、、エビがプリプリして美味しかったです。

 

 

娘は「豆乳ラーメン」、、、酸っぱいし、辛いしで難儀して食べていました。

 

 

麺はこんな感じで、きしめんより平べったいものでした。

 

 

デザートはお餅の中にライチみたいな果物が詰めてある冷たいものを。

 

 

こんな地方都市の、、、さらに山の上の方に異国漂う「タイ料理店」が

あるなんて、日本の多国籍化を感じて楽しくなりました。

 

 

 

 

気持ちとしては、本場のタイに行って屋台でいろいろ食べたいところです。

タイに友人たちと旅行したのは20年も前。

わたしは「ナンプラー」の匂いは平気でしたが、友人の一人は気持ち悪くなり

かわいそうでした。

 

タイは日本からはさほど遠くないので「いつでも行ける国」と思っていましたが

夫の闘病、コロナ禍、自分の加齢等々で「とても遠い国」になってしまいました。

 

これも歳を取らないと分からないことでした。。。


今年の干支、辰の子兄弟 応援ポチ ありがとうございます。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨折の後遺症はダラダラと一生続く / 家族葬

くまさん兄弟に応援ポチお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

数日前にこの地区の班長さんから、、、

「〇〇さんのお爺ちゃまが亡くなられました」と連絡がありました。

ただ「家族葬なので弔問等は遠慮します」というご家族のご意向とか。

斎場等も聞いていないので、班長さんも何もなさらないとのこと。

 

 

でも、なんとなく気にかかるので、、、

落ち着かれた頃(昨日)に「お花代」としてお花券を包んでご自宅に

伺いました。

さしてご近所というだけで世間話もしたことがないので、お玄関先で

ご挨拶をして手を合わさせていただいて失礼してきました。

 

こういう場合の「家族葬」ってどうすればいいのでしょう?

気持ちが伝わることが大事だと思うのですが、本当に難しいです。

 

 

 

 

昨日土曜日、、、娘は通常通り仕事に行きましたが、午後3時半ごろには

帰ってきました。

翌日の日曜日は終日雨との予報だったので、嵩張るトイレットパーパー

キッチンパーパーが欲しかったので、イオンまで車で連れて行って

もらいました。

 

骨折した左手は力が入るようで入らない、、、なんとなくこわばってるので

まだ怖くて自転車には乗れないのです。

 

おかげでよく歩くようになったし、徒歩では重いものは持てないため普段は

最低限必要なものしか買わなくなったので、節約にはなっていますが。

 

骨折の後遺症はダラダラと一生続くのかもしれません。

 

 

 

そして夜、、、「孫娘」からLINEで一応就職の内定があったとの連絡。

美術系が好きなのでそちら関係かと思いきや、選んだのは最先端のIT企業とか。

中学高校大学と無遅刻無欠席、、、真面目一直線の娘なのです。

 

 

 

 

 

落ち着いたので、我が家(長野)に遊びに行きますと。

さてさて、そうなると張り切るのはわたしです。

この娘とは何かにつけて二人で一緒に行動することが多いので、気心は

しれています。

「どこに行こうか?」「何を食べようか?」考えるだけでも楽しみです。。。

 


今年の干支、辰の子兄弟 応援ポチ ありがとうございます。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホで自撮りするコツ / カルディーの麻婆豆腐の素

くまさん兄弟に応援ポチお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

東京都知事選、候補者乱立で混迷をきたしていますね。

 

数日前に友人がLINEにアップした写真です。

やはり蓮舫氏は中野が地元なので街頭演説も、まずは

この周辺からということでしょうか。

 

 

枝野氏、長妻氏、辻元氏とソウソウたるメンバーが応援に

駆けつけているようです。

 

 

 

 

 

さて最近、カードの登録や〇〇PAYの設定などで、、、

スマホでの顔認証が必要になることが増えてきました。

 

自分の顔を写すのって、これがなかなか難しい!

下を向いてしまったり、目の位置が合わなかったりで。

 

(ネットより画像をお借りしました)

 

 

顔認証などで自撮りするときのコツを聞きました。

 

まず視線は、スマホの画面ではなく上の丸いカメラを見る。

 

(赤丸のところです)

 

 

そしてシャッターは右サイドの音量調整のボタンを押す。

音量を大にするボタンでも小にするボタンでもどちらでも良い。

 

このシャッター操作はどんな時にでも使える。

 



これで目線の合った自然な顔写真が撮れるそうです。

 

若い人はいざ知らず、我々高齢者は知っているようで

知らないことでした。

 

 

 

 

 

先週の「ひたすら試してランキング」

 

 

「麻婆豆腐の素」第3位だったカルディ の「黒」を買ってみました。

売り場を店員さんに聞いたら「テレビで放映されたものですか?」と

すぐにわかりましたよ。

 

 

他の市販の麻婆豆腐の素とはちょっと変わっていて、、、

色が黒い分、コクがあるという感じです。

 


辛すぎることがなく、なかなか美味しかったです。

 

 

少し残ったので、翌日に茹でたじゃがいも とあえてみたら

また違った味わいで楽しめました。

おすすめです。。。

 


今年の干支、辰の子兄弟 応援ポチ ありがとうございます。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康のためには「歩く」ことと同じくらい「靴」が大事

くまさん兄弟に応援ポチお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

この間のシニア大学の講座は「足元からの健康」でした。

 

 

 

 

足元、、、まずは靴選びのポイントから。

 

 

デザインや履きごごちばかり気にして、なかなかここまでチェックを

しないで買ってしまいますが、、、

大事なのは「かかと」がピッタリとあっているかどうかだそうです。

それと正しい履き方(かかとを合わせる)も。

 

次は足元のチェック。

 

 

これは人によって千差万別ですが、、、

大事なのは「インソール(中敷)」だそうで、「Supperインソール」は

プラスティックでできているのでしっかりしているけれど、

下手をすると靴より値段が高いそうです。

それでも足の補正には欠かせないもので、靴店に相談して是非

使って欲しいとのアドバイスでした。

 

そして「足圧バランス」

 

理想では5本指がしっかり写っていますが 、、、

最近は5本指が全くつかない、、、写らない足の人が増えているとのこと。

 

私の「足圧」を測ってもらったら、、、

(本当は素足がBESTだそうですが、ストッキングを履いていました)

 

 

即「腰が痛いですよね」と言われてしまいました。

痛い腰をかばうので、どうしてもかかとに圧をかけてしまうのだそうで、

これからは、これを参考にストレッチを研究するのが良いとのことでした。

 

この他にも「解けにくい靴紐の結び方」の方法や、、、

介護やスポーツ選手の靴(地下足袋・じかたび)や糖尿病の人の靴などを

見せてもらいました。

糖尿病の人の靴は、指先などが当たっても痛くないように内側に縫い目がない

ものでした。

 

かれこれ計測も含めて2時間余りの講習でしたが、、、

靴についてこれほどの時間、説明されたのは初めてだったので面白かった

です。

健康寿命のために「歩く」ことは意識しても、その元となる「靴」のことは

忘れがち。

 

 

 

 

最近は大手のシューズ店(シューマートなど)で無料で足圧を計測して

それにあった靴を選んでくれるそうなので、利用したいと思いました。。。

 

 

今年の干支、辰の子兄弟 応援ポチ ありがとうございます。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分らしく「生き切りたい」/ 蔵出し映像マサヨばあちゃん

くまさん兄弟に応援ポチお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

最近はありがたいことに、植え付けが遅かった夏野菜類が

ぼつぼつと収穫できるようになりました。

 

毎年芽を出すアスパラガスは、今年はもう終わりかと思って

いたら最後の一本を見つけました。

 

これらの野菜は、娘と二人で食べるには十分な量です。

 

 

 

 

そして今日、お隣からこんなに大きな白菜を頂きました。

ありがとうございます。

 

 

今、野菜の卸値が安くて、集荷すればするほど赤字になるとかで、

生産者さんはこのところの天気で白菜はどんどん成長するために潰すことを

検討しているとのこと。

 

そのおこぼれを頂戴したわけですが、野菜が高い高いとマスコミが騒ぐ中

なぜか納得がいかない話です。

 

「まだ必要ならもらってきますよ」と声をかけてくださったのですが

「二人暮らしでは1個で十分です」とお返事しました。

 

 

 

先日の、NHK BS 蔵出し映像「マサヨばあちゃんの天地」

 

池上彰がNHKの過去番組から時代を超えたメッセージを読み解く。

今回は1991年に放送され大きな反響を呼んだドキュメンタリー

「マサヨばあちゃんの天地」を紹介する。

岩手県旧川井村“タイマグラ”。アイヌ語で水の豊かな森という意味の土地に、

マサヨばあちゃんこと向田マサヨさんは暮らしている。

 

昭和29年に夫婦で入植、電気も長い間通らなかった大自然の中で、

夫が亡くなってからも、一人で一町歩の畑を耕し、ミソや豆腐を作る生活を

送っている。

冬には零下20度を超える厳しい寒さの中でも「極楽だぁ」と温かいお茶を

飲むというマサヨばあちゃん、その魅力あふれる暮らしの記録。

 

もう30年以上前の番組です。

 



ご主人が亡くなってから、マサヨばあちゃんの山の中での暮らし、、、

痛む脚を引きずりながら懸命に働く姿には感動すら覚えました。

 

 

長年亡きご主人と丹生込めた畑の土が、長雨で流されないように

草を刈って土留めにする姿、、、「頑張ればあちゃん」と心を打ちます。

 

 

孤独な一人暮らしとも見えますが、近所の人が訪ねてきたり、、、

マサヨばあちゃんの手作り味噌や野菜を買いに来る常連さんなど

人の出入りも多くてきっと寂しくなかったと思いました。

都会の一人暮らしの高齢者の方が寂しい時もあるのかもです。

 

 

何よりも、ご主人が生きていた頃からのNHK撮影クルー。

今回の映像を撮るのにも、春夏秋冬マサヨばあちゃんを追い続けて

心強い存在だったことと推測します。

 

2002年、81歳で亡くなったマサヨばあちゃん、、、

岩手県の山間でひっそりと、昭和平成を「見事に生き切った」女性だ

からこそ、30年以上たった今でも人々に感銘を与え続けているのだと

思いながら番組を見ました。

 

私も、この先もっと年を重ねても「自分らしく生き切りたい」と願って

います。。。

 

 

今年の干支、辰の子兄弟 応援ポチ ありがとうございます。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街頭でいきなり「年金額はおいくらですか?」なんて

くまさん兄弟に応援ポチお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

先週の金曜日が年金支給日で、今回の年金が若干値上げされたせいか

各局のワイドショウでは「年金生活者」の特集を組んでおりました。

 

そして、インタビューされる方はこぞって「低年金」の方々です。

 

 

街でインタビューされて、番組の趣旨「低年金での暮らし」に条件が

合う方を選んでいるのでしょうか。

「一人暮らし」や「夫婦二人暮らしで一方が病気の方」などを。

 

 

 

 

この番組を若い人が観たら、将来を絶望するか? 哀れむか?

いやその前に、この手の番組は観ませんよね。

 

思わず番組に見入ってしまうのは、同じ年金生活者として身に

つまされるからでしょう。

 

それにしても、街頭でいきなり「年金額はおいくらですか?」と

聞かれて答えるものでしょうかね?

嘘ではないけれど、「やらせっぽいもの」を感じてしまいます。

 

確かにこの物価高のご時世に、、、

「高齢者で病気持ちの低年金者」社会的弱者の生活苦をマスコミが

取り上げて世間に知らしめることは大事なことだとは思いますが。

 

 

 

年金支給日に、、、

500円のマグロのお刺身を思い切って買って、嬉しそうな高齢女性。

久しぶりの行きつけの飲み屋で美味しそうに酎ハイを飲む高齢男性。

その方達の笑顔がまた素敵なのです。

 

皆さん、一生懸命に生きている姿勢に「お金」ではない何かを感じて

「同胞 相憐れむ」という心境でしょうか。。。

 


今年の干支、辰の子兄弟 応援ポチ ありがとうございます。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人は一人じゃない」 / 君を想いバスに乗る

くまさん兄弟に応援ポチお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

昨日観たAmazonプライムの有料映画、、、

「君を想ってバスに乗る」407円

2021年に公開されたイギリス映画。

監督はギリーズ・マッキノン、主演はティモシー・スポール

 

 

(ネットより引用)

最愛の妻を亡くしたばかりのトム・ハーパー(ティモシー・スポ―ル)は

ローカルバスのフリーパスを利用してイギリス縦断の壮大な旅に出ることを

決意する。

目指すは愛する妻と出会い、二人の人生が始まった場所―。

行く先々で様々な人と出会い、トラブルに巻き込まれながらも、

妻と交わしたある“約束”を胸に時間・年齢・運命に抗い旅を続けるトムは、

まさに勇敢なヒーローだ。

トムの最終目的地は、聖地イギリス最南端の岬ランズ・エンド

愛妻との思い出と自身の“過去”ばかりを見つめていたトムが、旅を通して

見つけたものとは。イギリスが誇る、最も才能あるキャラクター俳優の一人(ティモシー・スポ―ル)

 

この映画は“人は一人じゃない” ことを
思い出させてくれる。
 

 

主人公トム、、、映画での設定年齢は90歳。

演技をする俳優さんも90歳ぐらいのお年寄り。

 

 

 

映画を見始めて、あまりのヨボヨボの姿に「せめてもう少し若い俳優さん

だったら見やすいのに」と思ったのですが、、、

なんと! 

主演はティモシー・スポールの実年齢は60代とか、

老け顔メイクとかおいぼれた動作にすっかり騙されてしまいました。

 

年老いてからの「天国に召された愛の力」はとても強い!

 

映画の筋書きはともかくとしてまるで自分がバスで旅をしているように

路線バスの車窓から見るイギリスの広大な田園風景や広陵とした大地に

魅せられました。

 

 

バスの乗り継ぎ旅も(画面で見ているだけなら)楽しそうだし、、、

触れ合う人たちも、いい人もいれば嫌な人もいる。

 

 

 

 

年老いても勇気のある行動は、人に元気を与えるものですね。

 

この映画のキャッチフレーズ「人は一人じゃない」を実感できる

映画でした。。。

 

今年の干支、辰の子兄弟 応援ポチ ありがとうございます。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ