グランマの信州日記

〜地元食材を訪ねて〜

膝が軽く動いたら、お札が滑った

9月上旬、コロナの陰性証明を携えて、、、

 

女孫さん(女子大生)が一週間の予定で

 

我が家にやってきました。

 

    

  f:id:granmayumi:20210916160730j:plain

 

帰る予定の前日には、

 

「帰るの面倒くさいな、延ばそうかな」

 

と、帰り支度をグズグズする彼女。

 

「あらら???」

 

でも、天気予報を見て、、、

 

「台風来るね。やっぱり雨降ったら絶対帰るの嫌になるから

 

晴れているうちに帰るね。バイトに行かなきゃいけないし」

 

と8日目の昨日、 高速バスで帰って行きました。

 

怪我もトラブルもなく無事に帰せたことに安堵して、、、

 

昨夜は私、「やれやれ」と爆睡しましたよ。

 

でも、今朝起きると「あ〜帰っちゃったんだ」とちょっと

 

寂しくてね・・・

 

  

   f:id:granmayumi:20210914195919j:plain

 

 

このコロナ禍で外出を控えて足腰が弱る年寄りが増えたと

 

よく言われていますが、、、

 

「授業はオンラインとかオンデマンドだから出掛ける事もなく、

 

疲れないので夜眠れず朝寝坊して生活が乱れてる。

 

ここ(我が家)に来て、朝ちゃんと起きて自然の中に出掛けて

 

動き回るから夜よく眠れる」と彼女。

 

老いも若きもこのコロナで体調を崩しているんだね。

 

 

婆様も付き合って、楽しく良く歩き回りましたよ。

 

お陰でなんとなくギクシャクしていた膝も潤滑油を差したように

 

軽く動くようになってね、、、有り難いことでした。

 

  f:id:granmayumi:20210914195702j:plain

 

でも、彼女の19歳お誕生日でもあったからついつい財布の紐も

 

緩んで、お札も滑べるように出て行ってしまいましたけれどね。。。