グランマの信州日記

〜地元食材を訪ねて〜

高血圧でも健康長寿だった義母

 くま三兄弟に応援ポチお願いします

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

東北の農家で生まれ育ち、隣村に嫁いだ義母。

高血圧だったものの、97歳で亡くなるまで足腰は

丈夫で、元気に一人暮らしをしていました。

   f:id:granmayumi:20220314193914j:plain

 

その義母が手作りする味噌ときたら、、、

震え上がるほどしょっぱくて!

でも「近所の〇〇さんが、あんたのとこの味噌は

うんと美味いねえ〜」と褒めるんだと自慢の味噌

でしたが。

 

そして、それに漬けたきゅうり、ゴボウや人参の

味噌漬けも然りで、まるで塩漬けのよう。

 

さらに私が驚いたのは、塩シャケ(昔は保存のため

塩がいっぱい)の身を食べてから、残った皮に熱湯を

かけて「うまい!うまい!」と義母が飲んでいたこと

でした。

 

東北の農村部がそうだったようで、しょっぱいおかずで

ご飯を食べるのが日常、高血圧が問題視され出したのは

ここ半世紀ほど、、、いやもっと前かな?

いずれにしても、すごい塩分量を食べていました。

 

でも、実によく働いていました。

朝は明るくなるとすぐに畑に行き、軽く朝食を済ませて

また昼頃まで畑。

そして、午後は昼寝、それからまた夕方まで畑。

 

夏場はすごく汗をかいて、、、晒しの襦袢もかすりの

野良着も汗でびっしょり、顔からも玉のような汗が

吹き出していたので、これなら、多少塩分を取りすぎても

大丈夫なのかも、、、と思ったものでした。

実際とても元気でしたし、逆に塩分を取らなかったら

熱中症」で倒れたかもしれません。

 

   f:id:granmayumi:20220314204533j:plain



さすがに90歳をすぎた頃からは、家の周りを耕す

くらいになったので、「高血圧の薬」を服用して

いましたが、それでも、夏はそれなりに外で汗を

かいて扇風機とうちわで涼をとっていました。

 

一方、私の母も長寿で95歳でなくなりましたが、、

東京に住んで、やはり年相応で血圧の薬を服用しながら

塩分に気をつけた食事をしていました。

夏には、熱中症を心配して机の上には「塩あめ」と「水」

そして熱中症アラームを置いて終日クーラーの中で

暮らしていました。

「塩分控えめの食事」に「塩あめ」ですか? 

買い物も殆ど「生協」で、デイ・サービスに出かける

位でしたから汗は全くと言っていいほどかきません。

で・・・90歳で殆ど寝たきりの生活になりました。

 

     f:id:granmayumi:20220314205049j:plain

 

最近は、温暖化の影響で「熱中症」を心配するあまり

特に都会では、夏場は高齢者は日中外に出歩かなくなり

汗をかかなくなったように思います。

夕方、涼しくなってから散歩、、、もいいですが。

 

ただでさえ新陳代謝が弱くなる高齢者が安全に汗をかく

にはどうしたらいいでしょうか?

高齢になるほど「ジム」に行かれる人は少なくなるし、

今年の夏は猛暑とか?

 

義母のように、夏は夏らしく汗をかける老後の生活が

理想です。

 

ちなみに義母の口癖は、、、

「あんた(私)の作る味噌汁は、馬鹿みたいな味だ!

こんなうすい味噌汁を飲まされる息子はかわいそう」

でしたよ。。。

 

 
  今年の干支、虎の子兄弟です   

「がんばれよ!」応援ポチお願いします。   

   にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村 

  くま三兄弟も虎の子兄弟も友人が編みました。    

 

      
人気ブログランキング