グランマの信州日記

〜地元食材を訪ねて〜

義母との関係は「したたかに・かつ・しなやかに」

 

 

 

【義母との思い出】

 

いつだったか、、、数十年前の話。

 

田舎の部屋の座布団の上に置かれたセーターを見て、

義母が「これはあんたのか?」と。

「いいえ、T子さん(義母の実の娘)のです」と答えたら

みるみる義母の顔がこわばって、、、

「ちょっとあんた、そこに座りなさい!」って。

「あんたより年上の人をさんづけで呼ぶとは何ごとだ!」

「ちゃんと”T子お姉さん”と呼びなさい」と叱責されました。

兄嫁も年上で、いつもY子さんと呼んでいましたが、

それは全く問題ないようでした。

 

   f:id:granmayumi:20220404172548j:plain

 

またある時、義母が畑の野菜を送ってくれたので、、、

「荷物が届きました。ありがとうございました」とお礼の

電話をしたら、

「あんたに送ったんじゃない!あんたは食わんでいい。

おらの息子が食えばいい」だって。

内心、、、

「ああそうですか!私が箱を開けなければ誰も開けませんよ

蓋も開けられずにそのまま腐ってもいいんですね」とムカっと

しましたが、

「わかりました。M(夫)にそう伝えます」と答えました。

 

何を言われても「はい、すみません。」「わかりました」と

反論もせず「したたか」な態度。

でも、義母の事あるごとの叱責(私にしては理不尽な・・)を

まともに受けると心がポキッと気持ちが折れそうになるので、

そこは「しなやかに」柳のようにしなやかによけて受け流す。

 

一事が万事。

義母にとって私は「鼻持ちならない可愛げのない嫁」でした。

 

私にとっては、、、

「したたかに かつ しなやかに」は義母との関係を円滑に

保つ唯一の処世術でした。。。

 

 

 今年の干支、虎の子兄弟です   

「がんばれよ!」応援ポチお願いします。   

   にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村 

     

 

      
人気ブログランキング</