グランマの信州日記

〜地元食材を訪ねて〜

小説「挽歌」と「朝のパン」

 くまさん兄弟に応援ポチお願いします

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

 

いつ頃だっただろう?

私が中学生か?高校生だった頃、、、

今から50年以上も前に夢中になって読んだ本。

 

 

 

主人公 兵藤怜子 ・・・

若さのもつ脆さ、奔放さ、残酷さを見事に

描いた傑作。

 

確か、 亀井光代 根上淳 小幡絹代で

TVドラマ化もされて、見たのを覚えています。

(古いことはよく覚えているものですね)

 

本の一節 主人公 ・・・

「パンないの?」

わたしは、朝、ご飯を食べたくない。

食欲がなくて、あの粒々ひかったご飯をのみこむと

胃に食物ではないなにかが詰まったような気がする。

 

その時分、すっかり主人公玲子に傾倒していた私は

朝、ご飯を食べるのは「格好が悪い」と思い込んで

その時から朝食はパンと決め、現在に至っています。

 

でも勝手なもので、旅に行くと朝食は「和食」、、、

ご飯をおかわりまでして「美味しい♪」と食べるのです。

 

  

 

若い頃の感受性というか純粋さが、この年になっても

食生活に影響しているとは我ながら驚きです。

 

小麦不足の値上がりで「朝食はご飯を食べましょう」と

推奨されることで思い出した 小説「挽歌」。

 

以前、古本で見つけ、もう一度読んでみましたが

若い頃のあの感動は当然ながらありませんでした。。。 

 

 

 

   今年の干支、虎の子兄弟です   

  応援ポチ  ありがとうございます。 

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
 にほんブログ村

     

      
人気ブログランキング