グランマの信州日記

〜地元食材を訪ねて〜

27年間 鬼嫁と言われ続けて

くまさん兄弟に応援ポチお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

 

昨日、コロナで亡くなった実家お隣の92歳おじいさん。

 

お嫁さんが「27年間 鬼嫁と言われ続けて同居した」と

呟いたとか。

 

  

 

おじいさん所有の土地の上に、息子さんが家を新築して、、、

おばあさんの他界を機に、おじいさんは息子家族と同居

することになり、、、

 

お嫁さんとしては子供たちの教育費がかかる上に、

家のローンに追われているので、おじいさんにも

建築ローンの一部を負担して欲しかったみたいですが、、、

「一切、負担する気はない!」と突っぱねられたとか。

 

「自分の面倒はみろ」「金は一切出さん」なんて虫が良すぎて

腹が立つ・・・とお嫁さんがこぼした時、、、

 

「土地はおじいさんのものだから、逆に地代を払えなんて言われ

たら面倒臭いし、これから先、老いて入院や介護費用がかかった

時のためにおじいさんにはお金を残してもらった方が得策だと

思うけれど、、、」と同情しながら慰めた覚えがあります。

 

 

 

 

結局、お嫁さんが勤めに出たのをきっかけに、おじいさんは

スーパーで自分の分だけお惣菜を買ってきて、食事は別になった

そうですが。

 

「あのクソじじい、トイレをわざと汚く使って嫌がらせをする」と

ある日、お嫁さん。

 

おじいさんもおじいさんで、二言目には「あの鬼嫁が!」

 

嫁と姑、ますます険悪の関係になっていったようでした。

 

嫁と姑母の関係も「永遠の平行線」と言われますが、、、

おじいさんも、息子の嫁であって自分の嫁ではないのに何を持って

「鬼嫁」というかですよね。

寂しかったのかもしれませんね。

 

 

まずは、おじいさんが旅立たれて、、、

近所では皆さんが「27年間、本当にお疲れ様でした」とお嫁さん

に声をかけてねぎらったそうです。

 

いくら強がったって、晩年はお嫁さんのお世話にならざるをえなかった

わけで、私も今度お嫁さんにお会いしたら「よく頑張りましたね」と

ご挨拶しようと思っています。

 

おじいさん、安らかにお眠りください。。。

 

 

 

 今年の干支、虎の子兄弟です 

応援ポチ  ありがとうございます。 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村