グランマの信州日記

〜地元食材を訪ねて〜

【群ようこ著「じじばばのるつぼ」】


寒かった!

本当に寒い一日でした。



自転車では寒風が冷たすぎるので


歩いて買い物に行ってきました。



😷   😷   😷   😷  😷 



スーパーの入り口に併設された


こじんまりとした「ブティック」で


ふと!


素敵なセーターが目に留まりました。


9,000円の70%OFF


さらにキャシュレスで5%引。


夕焼けの透き通るような


真っ赤な模様織。


女性スタッフが近づいてきて


「奇麗な色でしょう? 


イタリア製ですよ」って。


買おうかな?


買ってしまおうかな?



でも・・・  

    でも・・・


数日前から読み始めた本


群ようこ著「じじばばのるつぼ」の


一説が頭をよぎったのです。


(本より一部抜粋)
 ばばのファッション 

(70代の人が10代の服を着ようとしたら)

「十代の孫の服を着ています」
といわれたら、
「ああ、そうでしょうねえ」
と誰もがうなづくファッションなのだ。
もしかしたら認知が難しくなる病気を
発症していて
自分がどういう状態なのか
おわかりにならないのかなと、
お気の毒な気もした。
(略)
その疑いは消えた。
彼女は本気であの服※コスプレ的)
を着ていたのである。



群ようこ流 “ばばのファッション”

からみると、、、

このセーターの色は

「70歳が着るには非常識な色」

なのかもしれない・・・

いや、きっとそうだ!

と思って買うのを止めました。


「ばば」は「ばば」らしく

なるべく目立たない色を選ばないと、

・・・と暗に言われているみたいで



(※恰好が)
「あれはちょっと・・・」
といいたくなる中高年は、
一番若くていけてる頃の自分を
忘れられない人だという。


なんかなぁ?

罪な本だと思いましたよ。



本の感想コメント欄には・・・

「これは毒と言うより、

なんだかただの悪口っぽくて、

あんまり笑えなかった」

という意見もあって同感でした。






結局、半分くらい読んで放棄。


定価は1300円(+税)だけれど

メルカリで安く買ったから

まあ、、、良しとするか!



それにしても、、、

深紅のセーター

実にいい色だったなァ。


あの本さえ読まなければ、、、

忘年会に意気揚々と

着ていったのに。。。