グランマの信州日記

〜地元食材を訪ねて〜

65歳以上の高齢者と言われ続けて

くまさん兄弟に応援ポチお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

 

コロナ禍、、、

「65歳以上の高齢者」と言われ続けて2年半余り。

 

「65歳以上の高齢者にワクチン優先接種」

「65歳以上の高齢者は重症化しやすい」

「65歳以上の高齢者は外出を控えて」等々

 

コロナ さえなければ、こんなに毎日「高齢者」であることを

意識せずに済んだであろうに、、、と悔しく思うのです。

まさにマインドコントロールされている感じです。

 

  

 

 

「老いのみち」 河合隼雄 著 より

 

町内の運動会に参加。五百メートル競走に出て、必死になって

走り抜きやっとゴールインというところで、役員が走り出てきて

「すみません八百メートル競走のまちがいでした。もう三百メートル

走って下さい」などと言うとどうなるだろう。

最初から八百メートルと言われておれば、もちろんそのペースで

走っている。五百のつもりで走ってきたのに、それじゃ話が違う

じゃないか、だれがあと三百メートルも走れるものか、と言うことに

なるだろう。

現代の老人問題にはこのようなところがある。人生五十年と教えられ、

そろそろお迎えでも来るかと思っていたのに、あと三十年あると言う

のだ。そんなことは考えても見なかったことだ。

    (略)

ところが今は全体的に一挙に人生競走のゴールが、ぐっと遠のいて

しまった。

こう考えると、現代の「老い」の道は人類が今まで経験していなかった

ことであることがわかる。

 

平成三年に刊行された本で、この項は長寿についての記述ですが、、、

三十年後の今は、これに「コロナ禍」「戦争」「気候変動」などが

加わり「難所続きの高齢者の道」なってしまっています。

 

 〜  〜  〜  〜  〜  〜  

 

最近、若者が多く集まる場所、、、スタバやアウトレットで店員さん

からよく声を掛けれます。

「今日は涼しいですね」「お一人ですか?」「ご旅行ですか?」などと。

一瞬、場違いのところにいる「高齢者」なのかな?とドキッとしますが、

逆に気さくに声を掛けてくれるのも「高齢者」だからこそと、にっこりと

笑って二言三言 会話します。

 

  

 

ゴールが三百メートルのびたら、走らなくても歩けばいいし、、、

難所があれば、なんとかくぐり抜ける多少の知恵は長い年月を生きて身に

ついているだろうし、、、「高齢者のみち」なんとかなるでしょう。。。

 

 

 

 今年の干支、虎の子兄弟です 

応援ポチ  ありがとうございます。 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村