グランマの信州日記

〜地元食材を訪ねて〜

ミゾイキクコさんのTwitter / 母親は息子に甘い

   くま三兄弟に応援ポチお願いします

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

 

 

フォロワー10万人超えの大人気おばあちゃん、、、

ミゾイキクコさんのTwitterをフォローしています。

 

 

一人暮らしでも気取りのない丁寧な暮らし。

こんな80代を過ごせたら最高!と毎日更新される

美味しそうな食卓を見て憧れています。

 

5月12日。 ハンバーグ。牛大和煮。トマトとレタスのサラダ。

イチゴ。御飯。お茶。

(写真はTwitterからお借りしました)

 
ところでミゾイさんの5月9日のTwitter・・・
 
今日の朝ドラ見て思う、母親って息子に甘いんですね。
私の母も弟に甘かった。晩年母が希望した胃癌の手術に
反対し、母の入院中母の預金通帳や認印から実印まで
もちだし、母のお金をつかってしまっても攻めようとは
しなかった。私が母を引き取り母の土地の登記簿謄本を
見てその土地が弟物になっていた
 
 
この記事を読んで思い出したことがあります。
また義母との話ですが。
 
二言目には「オラの息子だから返せ! 返してくれ!」
と息巻いていた義母ですが、、、
90歳を過ぎるとめっきり穏やかになりました。
携帯電話が普及して、いつでも嫁に気兼ねすることなく
息子と直接話が出来るようになって気持ちが満たされた
のかもしれません。
 
ある時、田舎に行って義母と私の二人でちゃぶ台に
座って世間話をしていると、、、
「昨日、M(息子、私の夫)に電話したども出んかった。
 忙しかったんかなぁ」と義母。
「そうでしたか、、、何か用事でしたか?」と聞くと
ふっと義母の頬が赤らんで、恥ずかしそうに下を向いて
しまいました。
まるで息子に想いを寄せている? かのように。
 
戦争未亡人の義母。
戦死した義父に惚れ抜いて、押し掛け女房だったと、、、
そして、Mが兄弟のなかで誰よりも義父に似ているとも
聞いたことがあります。
 
歳をとり、戦死した義父への愛惜と義父似の息子への
愛情が重なりあっていったのかもしれません。
 
戦争さえなければ、、、義父が戦死さえしなければ、、、
義母の愛情はどうなっていたんでしょうか?
やっぱり息子には甘かったとは思いますが、愛情の
質が違ったかもしれません。
 
義母の「オラの息子だから返せ! 返してくれ!」
という言葉の裏には、戦争で奪われた義父への悲痛な願い
が隠されていたのかもしれない、、、
と、今になって・・・そう思うの です。
 
ちなみに、私は女二人姉妹。子供は女の子三人です。。。
 
 

 

 

 

 
 
  今年の干支、虎の子兄弟です   

 応援ポチ  ありがとうございます。 

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村 

     

      
人気ブログランキング