グランマの信州日記

〜地元食材を訪ねて〜

「母の待つ里」浅田次郎

 くま三兄弟に応援ポチお願いします

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

 

 「母の待つ里」

      浅田次郎著 新潮社

 

  f:id:granmayumi:20220316195753j:plain

 

本の内容に予備知識のないまま読み始めました。

 

40年ぶりで故郷を訪れる男性。

実家に帰る道も覚えていない?

母に対して、他人行儀の話し方、、、

挙げ句の果てに、母の名前を尋ねる、、、

 

不思議に思いながら読みすすんでみたら、

そこは故郷でなく初めて訪れた限界集落

母と称する人とも初対面。

プレミアムクラブの一泊二日50万円の

いわゆる「ふるさとごっごの旅」でした。

 

作られた故郷を訪ねるのは、、、

会社役員の独身男性

退職と同時に妻に捨てられた男性

実母を亡くして間もない独身女医

三人とも「還暦世代」設定。

 

妻に捨てられた男性は、一泊二日しただけの地に

先祖の墓を移して、自分も越してくると言う。

まさか! と思いながら読んだわけで。

 

登場人物には独身の女医さんもいましたが、

全体的に男性目線の描写で書かれていました。

そうか、、、還暦世代の男性が求める故郷と

お袋はこんな感じなんですね。

実際には、ありえない理想像ゆえ、、、

一泊二日50万円もするプレミアム故郷旅という

設定に納得できました。

 

それにしても、登場人物86歳の千代さん・・・

男性が理想とするおふくろ役を見事に演じ切って

素晴らしかったです。

 

  f:id:granmayumi:20220316204728j:plain

 

故郷は、幼い頃の思い出とともにあるもので、

お金で買った束の間の作られた「ふるさと」

原風景だけの故郷では寂しすぎませんか?

それでも人は、安らぎを求めて訪ねたくなる

ものなのですね。

 

一泊二日50万円の内訳が知りたかったけれど

それは作者の意図ではなかったみたいで、

書かれていませんでした。

 

記憶に残る読後一冊の本でした。。。

 

 

  今年の干支、虎の子兄弟です   

「がんばれよ!」応援ポチお願いします。   

   にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村 

  くま三兄弟も虎の子兄弟も友人が編みました。    

 

      
人気ブログランキング