グランマの信州日記

〜地元食材を訪ねて〜

熊の命をいただく

訪れた「農家民宿」の夕食は、熊と猪の肉でした。

 

f:id:granmayumi:20220409202338j:plain

 

鶏や豚、牛などのスーパーで買える肉は食用として
飼育されたものなので、私にとっては抵抗なくお肉。

 

でも熊や猪は、原野を駆け廻っていた動物を駆除した物

なので肉というより命。


命を頂く。

物珍しくもあり、食べる時はちょっと緊張しました。

 

これはイノシシ。

柔らかく下処理をして、下味をつけてあったので、

豚肉の類で食べやすかったです。

脂の部分もしつこくなく、特有の匂いもありません。

f:id:granmayumi:20220409195956j:plain

 

こちらは熊。

f:id:granmayumi:20220409200000j:plain

薄くスライスしてあり、塩でいただきますが焼くとちりちりで

一枚目は、塩を付けすぎて塩っぱいだけで味はわからず。

二口目、何もつけずに頂きましたが味も臭いも感ずることなく

意外とあっさり。

f:id:granmayumi:20220409200824j:plain

 

部位は太ももだそうで、これだけ脂身が多いのは冬眠に入る

前の肥えた時の一番美味しい肉と思われます。

f:id:granmayumi:20220409195316j:plain

 

焼いて食べるより、しゃぶしゃぶ風に鍋か煮物にしたほうが

私には食べやすく感じました。

f:id:granmayumi:20220409195922j:plain

 

農家民宿」の女将は、狩猟の免許と肉を捌く資格を持って

おられ、地元の男衆と狩りにも行くし、、、

また、愛犬アムちゃんとも狩猟に出かけるとか。

頼もしい限りです。

 

   f:id:granmayumi:20220409202343j:plain

 

ジビエ料理に興味のある方は、ぜひ訪れてみて下さい。

 

gibierto.jp

 

 くま三兄弟に応援ポチありがとうございます

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村