グランマの信州日記

〜地元食材を訪ねて〜

「パリのおばあさんの物語」

 くま三兄弟に応援ポチお願いします

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

 

 「パリのおばあさんの物語」

   スージー・モルゲンステルヌ 著 

   岸惠子 訳 ·

    発行年:2008/10/01

 

 f:id:granmayumi:20220310195932j:plain

 

フランスで20年以上も読みつがれている絵本。

パリに暮らす一人のおばあちゃんが、過ぎ去った昔を

振り返りながら、老いた日常を淡々と語っています。

 

歳をとったおばあさんが、編み物、料理、読書など

 できないことが多くなってつぶやきます。

 「やりたいこと全部できないのなら、

  できることだけやっていくことだわ」 と。

 

 

  f:id:granmayumi:20220310195935j:plain

 

 (本から転載)

 一人ぼっちのおばあさんにも、

 陽気で忠実な連れがいます。

 とてもお喋りで、歌ったり、踊ったり・・・。

 そう、それはテレビです。

 テレビをつけるとおばあさんは、

 小さな我が家やキッチンを離れて

 遠い遠い世界のはてに旅をすることができます。

 ときには、こんなことも聞くのです。

 「戦争、クーデター、テロリズム、飢餓、亡命」

 おばあさんはつぶやきます。

 「海では何が起こっているの。

 まだ魚は釣れるのでしょう?」

 地球はうごめき、混乱につぐ混乱で苦しんでいます。

 

  ずいぶん前に読んで、、、

  本箱の隅で忘れ去られていた本ですが、

  今のウクライナ情勢から、ふと思い出して

  読み返してみました。

 

 おばあさんは、ナチスがはばをきかせていた

 1942年のころをつらく思い出します。

 

  f:id:granmayumi:20220310201403j:plain

 

  ナチスに追われて、逃げ回わり、息をひそめて

  生きながらえた苦しい日々を思い出しながら

  おばあさんは問いかけます。

 

  これほど悲惨な日々を

  あなたは体験したことがあるかしら? と。

 

  おばあさんの年老いた日常を、戦争の思い出話を

  織り込みながら、明るく綴ってあり一言一言が

  胸に響いてきます。

  祖国を追われて、フランスに移り住んだおばあさん

 

  あなたは、自分の国を

  離れなければならなかったことがありますか?

 

  f:id:granmayumi:20220310201407j:plain


  

 約80年も前の戦争の思い出が、、、

 現代になって、現実に起こっているなんて

 あってはならないこと。

 ウクライナの戦闘の

 一刻も早い収束を願って止みません。。。

 

 

   今年の干支、虎の子兄弟です   

「がんばれよ!」応援ポチお願いします。   

   にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村 

  くま三兄弟も虎の子兄弟も友人が編みました。    

 

      
人気ブログランキング